つわりがあるけどママニックを飲んでも大丈夫?

つわりがあるけどママニックを飲んでも大丈夫? |

つわりがあるけどママニックを飲んでも大丈夫?

妊活中の女性や妊婦さん、出産後の授乳中の方に高い関心が寄せられている栄養素が葉酸です。

 

 

葉酸は野菜、特にニラの葉先の軟らかい部分に多く含まれています。

 

 
葉酸には、妊娠初期に胎児の神経系統の正常な発育を助けて異常が発生するリスクを下げる効果があります。そのため、厚生労働省でも妊娠中の女性の葉酸の積極的な摂取を推奨してます。妊娠と診断されると自治体から交付される母子手帳にも、厚生労働省からの葉酸摂取についてのアドバイスが記載されています。

 
どんな栄養素にも言えることですが、食品での摂取を基本にサプリメントなどで不足文を補うのが効果的です。

 

 
葉酸のサプリメントで愛用者が多いのはママニックです。ママニックの特徴は、葉酸を中心に妊活中・妊娠中に必要な栄養素を絶妙な配合でブレンドして作られていることです。貧血しやすい女性のための鉄分や母体にも胎児にも欠かせないカルシウムをはじめ、アミノ酸や各種のビタミンとミネラル、乳酸菌といった美容成分も多種配合されています。

 
また葉酸には2つの種類があり、ママニックに使われているのは厚生労働省でも推奨している吸収率の高いモノグルタミン型の葉酸です。厚生労働省で推奨している1日の葉酸の摂取量は400ugです。

 

 

 

葉酸サプリのほとんどはこの推奨摂取量の400ugの葉酸が配合されていますが、モノグルタミン酸型ではない天然型の葉酸ですと吸収率が低いために推奨される量の葉酸が実際には摂取できないことがあります。ママニックに配合されているモノグルタミン酸型の葉酸は吸収率が高いので、配合されている葉酸がムダにならず厚生労働省で推奨する400ugの葉酸を摂取しやすいといえます。

 

 
葉酸は妊娠初期に特に必要な栄養素です。そのため妊娠がわかったらママニックで葉酸を積極的に摂取したいものです。しかし、妊娠初期には多くの方がつわりの症状に悩みます。ママニックは、サプリメントにありがちな大きな粒ではなく一般的な薬剤の基準に基づいた飲みやすい大きさの粒になっています。

 

 
またつわりの時期のデリケートな方にも飲みやすい、においを抑えたコーティングで工夫されています。